製品情報

トップ > 製品情報トップ

無限の可能性を秘めたプラスチックと当社の技術で、 社会に役立つアイデアを形にしていく。
これがワタナベ工業の次の時代へかける夢です。

「やってみよう」がつながってワタナベ工業になりました。

そしてたとえば「○○○○」

たとえば「押出成型」
葦すだれ工場として創業した当社は、昭和初期には「岡山県連島葦すだれ」として全国に商圏を広げ、好評を得ていました。昭和30年前後からの葦の減少を契機に、当時の画期的素材である「塩化ビニール」を使用し、すだれとして商品化し生産・販売を開始しました。このことが現在の異型押出成型技術の礎となっています。現在では、様々な樹脂素材の異型押出成型を行っています。
たとえば「射出成型」
押出成型を自社技術として軌道に乗せ、その過程で体得したのが射出成型です。加熱して流動状態になったプラスチック材を金型に流し込み、さまざまな形を作り出すこの技術は、精密ギヤ・レバーなどの精密成型から自動車部品・レンズ・日用雑貨まで、幅広い要望に対応。エンジニアリングプラスチックを主体に、当社のプラスチック成型加工の主流となる技術として高い評価をいただいています。
詳しくはこちら 詳しくはこちら
たとえば「不織布」
文字通り織らずに作る布。「ニードルパンチカーペット」の名称で知られる床材をはじめとして、装飾用・自動車用防音材など多彩に展開されており、用途に応じて硬さや厚さを調整することも可能です。さらに、日々進化する繊維の活用と独自の生産方法で新しい機能を付加することが出来ます。当社工場において一貫生産を行なっている電気カーペットなどもそのひとつです。
たとえば「インフレーションフィルム」
もっとも身近なところでは、ゴミ袋や各種保存用ポリ袋などが挙げられます。用途に応じて素材やサイズ・ロットなどきめ細かな対応が可能です。また、消臭・抗菌・鮮度保持など時代の要求に応じた機能付きフィルムも成型しています。樹脂フィルムの用途は限りなく、袋だけでなく更なる新商品の開発にも取り組んでいます。
詳しくはこちら 詳しくはこちら
たとえば「人工芝」
求められるニーズに応え、徹底した品質コントロールを行うため、タフテット人工芝生産分野では国内唯一ともいえる一貫生産体制を確立しています。またプラスチック成型人工芝など用途に応じた様々な人工芝の開発・生産を行うことにより、人工芝の専門メーカーとしての確固たるポジションを築いています。
たとえば「い草製品」
環境問題や日本独自の生活様式を大切にする為に、天然素材を使用した、い草敷物や、夏の涼を演出するスダレを、中国で日本からの技術指導と生産管理の下、製造しています。時代と共に変わっていく住宅事情やお客様のニーズにお答えする為に、簡易畳や完全オーダー上敷、また小窓用からダブルサイズのスダレやフリーカットのスダレなど、生活の中で、他のものでは作り出せない日本の和空間を大切にしています。
詳しくはこちら 詳しくはこちら
たとえば「電気カーペット」
当社工場で生産している不織布に電気配線をし、コントローラーを装着して電気カーペットの一貫生産をしています。冬場の製品として、電気カーペットだけではなく、ニーズに応じた様々な新暖房器の開発・生産にも取り組んでいます。
詳しくはこちら

当社は日本における「プラスチック」の発展とともに歩んできた、加工技術においては50有余年の実績をもつメーカーです。明治14年に、葦すだれ工場としてスタートしたワタナベ工業は、時代の変化にいち早く対応し、昭和29年に「プラスチック」という夢の素材に出会いました。プラスチックは日々進化し、今では100種類近いプラスチックが開発されています。この無限の可能性を秘めた素材と当社の技術で、社会に役立つアイデアを形にしていく。これがワタナベ工業の次の時代へかける夢です。プラスチックに出会って以降、自社事業をプラスチックの成型加工に絞り、今日に至っています。その間、目の前に提起された課題をひとつずつクリアし、出会いから学び、ワタナベ工業独自の技術として蓄積してきました。これからどんな出会いが待っているのか。そこに向かって、ワタナベ工業はさらに前進します。

ページトップへ